アイドルで騒イドル

ジャニーズ、ハロプロ、謝謝

『帝一の國』がジャニーズの話だった件

 

映画『帝一の國』を見ました。

原作は読んでないけど、監督もキャストも好きで、ビジュアル面とかも再現度高かったし、普段あまりコメディは見ないのですが久しぶりに!とGWのクソ混雑にも負けず行って参りました。

 

ネタバレがあるので、ご注意下さい!!!

 

まずはあらすじをおさらい!

以下、映画HPより

 

全国屈指の頭脳を持つ800人のエリート学生達が通う、日本一の超名門・海帝高校。政財界に強力なコネを持ち、海帝でトップ=生徒会長をつとめたものには、将来の内閣入りが確約されているという。時は4月、新学期。大きな野心を持つ男が首席入学を果たす。新1年生・赤場帝一。彼の夢は「総理大臣になって、自分の国を作る」こと。その夢を実現するためには、海帝高校の生徒会長になることが絶対条件。「ライバルを全員蹴落として、必ずここでトップに立つ…そのためならなんでもする…どんな汚いことでも…。2年後の生徒会長選挙で優位に立つには、1年生の時にどう動くかが鍵となる。戦いはもう始まっているのだ!」。誰よりも早く動き始め、野望への第一歩を踏み出した帝一。待ち受けていたものは、想像を絶する罠と試練!友情と裏切り!究極の格付けバトルロワイアル! いま、命がけの 「生徒会選挙」が幕を開ける!!

 

 

もう役者さんの演技が秀逸でめちゃくちゃ笑えるし戦術もぶっ飛んでて凄く面白いんですよ。

 

私も途中まで何も考えずゲラゲラ笑っていました。

 

 

しかし!!!

 

 後半になってだんだん心がザワザワしてきました。

 

この海帝高校で生徒会長になりたい人は本当にここに全てを賭けていて「生徒会長になる=テッペンを獲る」なんですね。

 

 

その戦いに敗れ傷心してる者に「また違うテッペンを目指そう」と親友が声をかけます。

 

すると言われた方は

「テッペンなんてどこにあるんだよ」

と呟く訳です。

 

それに対し親友は

「テッペンなんていくらでもある」

と返します。

 

 

 

このシーンを見て私は

 

ああ、これジャニーズと一緒だ

 

と。

 

 

 

そもそも演出として「フンドシ太鼓」と滝沢歌舞伎の「腹筋太鼓」が被ってる。(別にパクりとかそういうことは一切思ってません!)

 

なるほどと思ったのは、「フンドシ太鼓」をすることで一体感が生まれ、汗をかいて一つのことをみんなでやり遂げたという実績が人と人を繋ぐのだと。

 

ジャニーズは腹筋太鼓に限らず本当にいろんなことやらされてますよね。常に次から次へと新たな課題が出されてる。しかも実現不可能ギリギリのラインのもの。でも決して一人ではやらせない。グループで課題をクリアさせるというスタイルが多くを占めている。

 

みんなライバルだけど、個々で頑張るところと、集団として頑張るところが必要だということがよく分かるシーン。

 

 

この映画見て1番考えたのは、

ある程度までは成績優秀者が評価され、賞賛されるけれど、その先は人望と運が肝心だと。

 

いくら頭が良くて、お金があって、活発に活動していても、人望と運がなければテッペンには立てないのです。

 

いくら踊れて、歌えて、トークが出来ても、センターになれるか、デビュー出来るかは神のみぞ知る(ジャニーのみぞ知る)ことなんですよね。

 

 

帝一の國』に出てくるスローガンやセリフは、全部ジャニーズにも当てはまるように思えてならないので勝手に思い付いたものをつらつらと書いて終わりにしようと思います。

 

 

「政治とは流血を伴わぬ戦争である」

「ジャニーズとは流血を伴わぬ戦争である」

 

「僕はどうしても生徒会長にならなきゃいけないんだー!!!」

「僕はどうしてもデビューしなきゃいけないんだー!!!」

 

生徒会長になりたいのも、総理大臣になりたいのも、誰にも邪魔されずにただピアノを弾きたいから。

グループ組みたいのも、デビューしたいのも、誰にも邪魔されずにただ表現したいから。(自分の思うようにファンを喜ばせるためにはデビューが必要ということ)

 

 

 

 

んんんんっ!

帝一の國』良き映画です。