好きこそもののオタクなれ

いつも腹ペコ、三度の飯よりアイドル

SnowManを好きになっていた話

 

2019年1月17日

SnowManの突然の増員にめちゃめちゃ動揺している自分がいる。

 

なぜ6人ではダメなのか、なぜこの3人なのか、いつから決まっていたのか、メンバーは納得しているのか、そもそもなんでSnowManなのか、タッキー初っ端からなにしてくれちゃってんのか。

 

とにかく怒りというよりは疑問ばかり浮かんで、とにかく6人のSnowManを知らないうちに失っていたことへの絶望感。

 

もう6人のSnowManは戻って来ないんだ。

 

帝劇アイランドSnowMan千穐楽でキンプリやJr.たちが盛り上げてSnowManを送り出してくれたそうだけど、いまのJr.を共に支えているあのメンツと6人のSnowManが同じステージに立ったのはあれが最後だったんだ。最後のマンズ兄さん。

 

悲しいのか何なのか、よく分からないけど涙が出て来る。

 

頭では、この増員が悪いことばかりじゃないことは分かっていても、とか言いたいが上手くいかないことの方が圧倒的に浮かんでしまう。

 

ただ少しでも光を見つけるのであれば、6人全員残留していること、SnowManという名前は残っていることには感謝しようと思う。この状況で感謝するとかどんだけおめでたいやつなんだよという気もするけど、そうでもしないと理性を保てない。

 

もう決まってしまったことを後からグジグジ言うのは性に合わないし、本当はめちゃめちゃ9人の新生SnowManを応援したい。改革の第一弾に選ばれたことに価値や意味があると信じたい。3人を温かく迎え入れたい。迎え入れるなんて言い方しないで、ほんと一緒に頑張ろうね、仲間が増えて嬉しいよ、くらいのことも言えるなら言いたい。ただ、めちゃめちゃ悲しいんだ。

 

それにしても、自分のこの感情にはだいぶ驚いている。こんなこと言うのは、いよいよ頭おかしいと思うけどちょっと嬉しい。

 

ああ、私ってSnowManが大好きなんだなって、めちゃめちゃ愛してるんだなって実感できた。

 

 

 

SnowManという名前を聞いたことも無ければメンバーの顔も知らなかった私が本当にたまたま見に行った「少年たち」でドラムを一発叩いた岩本照くんに一瞬で落ちたこと。

 

デビュー組がほとんど出てないのにオールスターズと言うの?と疑問を抱きながら見に行ったオールスターズアイランドで、これがオールスターズということか!!!とJr.の世界観に感動したこと。

 

Jr.にオリ曲があるとかあまり理解せずただワクワクとドキドキを求めて見に行った最初のジャニーズJr.祭り。SnowManのメンバーの名前、あの時まだ岩本くんしか覚えてなかったと思う。

 

滝沢歌舞伎で全員の名前と生年月日と簡単なプロフィールくらいは言えるようになってたのかな。

 

EXシアターのキントレで初めて岩本くん以外のメンバーをしっかりと見たかもしれない。もちろんそれまでも見てたけど、個々の良いところがハッキリと分かってきたのがこの頃。

 

最初は、岩本くんのことだけ知れれば良かったし、正直他の5人に全く興味なかった。グループとしてはSixTONESの方がよっぽど好きで、キントレくらいまではスト担の友達といることの方が多かったと思う。SixTONESのノリは自分に凄い合っててシンプルに居心地が良くて、SnowManの独特な雰囲気はなかなか馴染めなかったところもある。

 

でも本当に、何のときかは忘れたけど、あれ?なんだか最近凄く佐久間くんのこと好きだわ。阿部くんも宮舘くんも深澤くんも渡辺くんも!ってなっていったんだよね。

 

横浜アリーナの単独公演がきっかけかもしれない。あの時心の底から「この景色を見ることが出来て良かった」って思って、スノドリ聴いて泣いてる昔からのファンの人たち見て良かったねって思ったし、何かあの日を境にまた変わった気がするな〜。

 

知らない間に、岩本照くんのことだけじゃなくて、他の5人のことも大好きで、SnowManというグループが自分にとっても大切な大切な存在になっていた。

 

そのことに今回改めて気付けたことが唯一の救いです。私はSnowManという宝物を守りたい。守る方法はまだ分からない。でも、絶対に守ってみせるよ。

 

SnowMan見せつけてやろう!!!